アイテム情報にスキップ
1 / 7

Johannes Vermeer ヨハネス=フェルメール 、『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665

ヨハネス・フェルメール(1632ー1675)は、17世紀で最も有名なオランダの画家の一人です。

彼は驚くべき「光の表現技巧」で、有名な本作「真珠の耳飾りの少女」や「デルフト眺望」など、時代を超越した作品を生み出しました。

(View of Delft デルフトの眺望), 1660-1661

 

若い女性が肩越しに私たちを見ています。

彼女は頭を少し片側に持っており、灰色がかった青い目がキラキラと輝いていて、唇はわずかに分かれていて湿っています。

彼女の頭には、青と黄色の2つの素材から巻いたターバンがあり、真珠の耳飾りで飾られています。

絵のタイトルを由来は、構図の真ん中にあるこの特大の耳飾りからです。

(Girl with a Pearl Earring 真珠の耳飾りの少女), 1665

  

本作品には、フェルメールの卓越した描画技法が数多く使われています。

描かれた少女は、実在の人物ではなく、フェルメールにより創造されたトローニーです。ちなみに17世紀のオランダの女の子はターバンを着用していませんでした。

※トローニー

「頭部の習作」を意味するトローニーは、誰とは特定されない人物の胸から上を描いた作品です。トローニーは実在の人に似せることを目的としておらず、人物におけるさまざまなタイプの表情や性格を描き分けるための習作として17世紀に普及していた技法です。

非常にやわらかな表情の描画については、細部を追求するというよりも、段階的な光の遷移を実現するために、肉眼では見えないブラシストロークが使用されています。

また、衣服は表情よりも概略的に描かれていますが、反射光を表現するために用いられたペンキによる小さな点描画により、衣服の立体的な表情が創出されています。

しかし、最も注目すべきディテールは真珠とターバンです。

 

17世紀にオランダ東インド会社の躍進により興隆を極めた当時のオランダ黄金期。

その交易によりもたらされた「東洋のカルチャー」が、この少女に”ターバン”を纏わせ、大きな”真珠のような耳飾り”を身に着けさせた理由かもしれません。

 

オリジナル制作年:1665年(諸説あり)

オリジナル所蔵:マウリッツハイス美術館(デン・ハーグ、オランダ)

※本作品はオリジナルを忠実に再現したアートプリントです。

※壁にビスを打ちフックを取り付け、付属の紐を引っ掛けてバランスを取ります。重量は約1.6㎏ですので、耐荷重をクリアしているフックをお勧めします。

※ギフトラッピング対象外商品です

サイズ W490×H595×D25mm
材質 PS樹脂、PET、紙、MDF
重量 1.6kg

セレクトショップNiley

【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665

通常価格 ¥19,800(税込)
通常価格 セール価格 ¥19,800(税込)
インテリア ポスター、額、ウォールデコ 新入荷

割引クーポンご利用前に必ずこちらをご一読ください。
※ご注文後のキャンセルはお受けしておりません。内容をご確認のうえご注文ください。

Johannes Vermeer ヨハネス=フェルメール 、『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665

ヨハネス・フェルメール(1632ー1675)は、17世紀で最も有名なオランダの画家の一人です。

彼は驚くべき「光の表現技巧」で、有名な本作「真珠の耳飾りの少女」や「デルフト眺望」など、時代を超越した作品を生み出しました。

(View of Delft デルフトの眺望), 1660-1661

 

若い女性が肩越しに私たちを見ています。

彼女は頭を少し片側に持っており、灰色がかった青い目がキラキラと輝いていて、唇はわずかに分かれていて湿っています。

彼女の頭には、青と黄色の2つの素材から巻いたターバンがあり、真珠の耳飾りで飾られています。

絵のタイトルを由来は、構図の真ん中にあるこの特大の耳飾りからです。

(Girl with a Pearl Earring 真珠の耳飾りの少女), 1665

  

本作品には、フェルメールの卓越した描画技法が数多く使われています。

描かれた少女は、実在の人物ではなく、フェルメールにより創造されたトローニーです。ちなみに17世紀のオランダの女の子はターバンを着用していませんでした。

※トローニー

「頭部の習作」を意味するトローニーは、誰とは特定されない人物の胸から上を描いた作品です。トローニーは実在の人に似せることを目的としておらず、人物におけるさまざまなタイプの表情や性格を描き分けるための習作として17世紀に普及していた技法です。

非常にやわらかな表情の描画については、細部を追求するというよりも、段階的な光の遷移を実現するために、肉眼では見えないブラシストロークが使用されています。

また、衣服は表情よりも概略的に描かれていますが、反射光を表現するために用いられたペンキによる小さな点描画により、衣服の立体的な表情が創出されています。

しかし、最も注目すべきディテールは真珠とターバンです。

 

17世紀にオランダ東インド会社の躍進により興隆を極めた当時のオランダ黄金期。

その交易によりもたらされた「東洋のカルチャー」が、この少女に”ターバン”を纏わせ、大きな”真珠のような耳飾り”を身に着けさせた理由かもしれません。

 

オリジナル制作年:1665年(諸説あり)

オリジナル所蔵:マウリッツハイス美術館(デン・ハーグ、オランダ)

※本作品はオリジナルを忠実に再現したアートプリントです。

※壁にビスを打ちフックを取り付け、付属の紐を引っ掛けてバランスを取ります。重量は約1.6㎏ですので、耐荷重をクリアしているフックをお勧めします。

※ギフトラッピング対象外商品です

サイズ W490×H595×D25mm
材質 PS樹脂、PET、紙、MDF
重量 1.6kg

セレクトショップNiley

【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665

通常価格 ¥19,800(税込)
通常価格 セール価格 ¥19,800(税込)

割引クーポンご利用前に必ずこちらをご一読ください。
※ご注文後のキャンセルはお受けしておりません。内容をご確認のうえご注文ください。

【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665【Art Prints】フェルメール『Girl with a Pearl Earring(真珠の耳飾りの少女)』,1665